★ 訂正: 2008年5月以前に 鷹取山安全協議会 とありましたのは 鷹取山安全登山協議会 の間違いでした.
     お詫びして訂正申し上げます。

     ★鷹取山安全登山協議会の会長が替わられ 登録申し込み書の届出先が変更になりました。 Ver. 080513030850

      ★追記  (届出にメールアドレス記載の件:2010.03.08追加) Ver. 100308140413
      メールアドレスをお持ちの場合は鷹取山安全登山協議会へ届け出の際 メールアドレスを記載ください。
      会長石川さんから届出受理のメールご連絡をしていただけると思います。
       

    *以下文章の 山岳関係メーリングリストへの転送、
    本URL http://www.takatori-yama.org/takatorianzen/hansoku.html
    の山岳関係 WEBへのリンクをお願いします。

	 鷹取山安全登山協議会への登録のお願い、 

		
鷹取山安全登山協議会への登録のお願い、 Ver. 031004001102 鷹取山フリークライマーズメーリングリストの会 *本活動は 鷹取山フリークライマーズメーリングリストの会が自主的に行っている 鷹取山安全登山協議会 への登録促進活動です。 今回の 行動の背景 は後書きに記載します 湘南鷹取山は、故長谷川恒男他、有数の登山家を育てたゲレンデとして 知られており、今も明るく開放的な岩登りの練習場所として 多くのクライマーに 親しまれています。 その後 鷹取山の麓を住宅地として 開発した西武より 横須賀市に寄贈され 現在は 都市公園 となっており、したがって行政が安全上問題があると判断すれば、 岩登りを禁止とする措置が執られます。 実際、過去鷹取山では 死亡事故のため 岩登りが 1980年より 3年間 禁止になりました。 その後関係機関のご努力により 1983年(昭和58年) に鷹取山安全登山協議会 という連合組織が結成され 下記の資料中の 付帯事項 と許可 という条件付で 岩登り禁止が解除になったといういきさつがあり、 関係機関のご尽力には感謝したく思います。 しかしその後、若干その活動が形骸化している節もあり、 また近年、鷹取山で事故を起こした団体が 鷹取山安全登山協議会 に対して 事前の登録 がされていないという事が 問題になったことがあり、 度重なれば再度 岩登り禁止という事態になりかねません。 以上の経緯により、我々(鷹取常連)はここに、我々自身も団体を結成して 自主的に鷹取山安全登山協議会へ登録すると共に、関係山岳団体各位にも 積極的に 鷹取山安全登山協議会への団体登録を促進する活動を インターネット他を通じて行うものです。 鷹取山へ岩登りに来られる可能性のある方は、 所属する山岳団体が 鷹取山安全登山協議会 へ登録済みであるかどうかを 確認され、未登録の場合は以下の方法で登録してください。 ***登録の方法***  下記 申込書 をブラウザにて 表示プリントアウトし、必要事項に記入捺印の上、 鷹取山安全登山協議会へ郵送してください。未登録の個人の方も、今のところ団体同様 下記申込書にて各自郵送して下さるようお願いいたします。 なお、鷹取山フリークライマーズメーリングリストの会は、いつも鷹取山でお互いに ザイルを結んでいる顔見知りのメンバーを中心に 結成しました。 その他の団体に未加入の個人の方については、原則下記申込書 による個人届出をお願いする ところですが 入会希望者を受け入れるかどうかは、現在方法論を含めて検討中です。 なお、 岩登りが禁止にならないため 我々は以下のことに留意する必要があると思います。 1、我々ロッククライマーが事故を起こさないことを常に意識する。 (安全危険情報等不明な点があれば、遠慮なく本会へ問い合わせてみてください。 可能な限り対応させて頂きます。)  2、ハイカーや周辺の方、子供等の事故を未然に防ぐための努力を怠らない。 危険なところへいる方へは降りるよう注意を促してください。 (但し、挙動不信な方がいれば深入りせず、警察への連絡等をお願いします。) 3、ハイカーや地域の方とのトラブル 車で来られる方は、鷹取住宅等近隣の住民の方に迷惑となる駐車をしない よう御留意ください。 ザックやギヤーをハイキングコースなどの通り道に置かず、通行人の迷惑 とならないように注意しましょう。 以上ご協力の程、お願い致します。 関係資料 過去の経過 関係先へ 付帯事項 と許可 申込書 (申込書のプリント方法と折り方) メールアドレス記載も参照ください。 行動の背景 8月の末に、鷹取山の岩登りが禁止になるという噂が流れ、 横須賀市役所へ確認したところ いまのところそういう話しは 無いが原則禁止であり、その他の運用条件は鷹取山安全登山協議会へ 任せている。という返事でした。 そこで、看板にはうたわれているものの 実際には守られていないと(我々が思っていた)禁止および許可要件に関して 鷹取山安全登山協議会へ問い合わせたところ、多くの団体が登録しており 横須賀市との約束に基づいて運用されているという返事でしたので もうすこし詳しい資料をいただきました。これが上記に添付した (過去の)資料です。 そういう観点では、我々鷹取常連の多くがどこの会にも属してなく 結果として無届けで登っているのは、問題ではないかと考え 更には、もう一歩進めて、未登録の団体にも登録を呼びかけようと 上記のアナウンスに至った次第です。
ご質問、ご意見: 始めての方は、ここからご連絡ください。
..